カマトトのくせにコンドームをちゃんと付けられた女子

相手の性別年齢職業
女性23歳大学院生
出会った場所利用サイト投稿日
大分 大分市ハッピーメール2020.06.18

エッチなことを言ったら知らぬ顔して首を傾げる彼女

国立大学の大学院で福祉を研究しているという女とハッピーメールで知り合ったのは昨年のクリスマスの時期だった。

大学には草食系の男が多いのか、出会い系に流れてくる女子大生をちょくちょく見かけるか、彼女も例外ではないのだろう。

しかし彼女には他の女子大生と決定的に違うところがあった。

下ネタに全く乗ってこないのだ。

少々スケベな話をするとそしらぬ顔して首を傾げるのだ。

例えば……。

「昨日オナニーしちゃったよ」

と言うと、この人なに言ってんの? みたいな目で見るのだ。まるで日本語が通じない外国人に日本語で話しかける感じかな。

(本当は意味わかるくせに)

「君もオナニーとかするの?」

「ええ? なにそれ……おなに? 意味不明だし」

もしかしたら彼女は典型的なカマトトかもしれない。


エッチに持ち込んで「コンドームつけてくれる?」とおねだり

彼女がカマトトであることがわかったのは、それから二か月後、ちょうどコロナウイルスが蔓延しだしたころだ。

酒を飲んでふたりともいい気分になったところで「ラブホで休憩しよう」と言ったのだ。

例によって彼女は首をかしげてそしらぬ顔をする。まるでラブホの意味が理解できていないかのような態度だ。

そこを逆に突く。

「ラブホの意味がわかっていないようだね……だったら入ってみようか。何ごとも経験だよ。福祉の研究をするためにも一度見ておいた方がいい」

引っ込みがつかなくなった彼女はしきりに髪をすきながらラブホについてきた。

部屋に入ってからベッドインするまで35分もかかったが、何とかエッチの土俵に乗ることができた。

そこで俺はこんなリクエスト(おねだり)をした。

「コンドームつけてくれる?」

また絶対にそしらぬ顔をすると思いきや、彼女は自らコンドームを手にし、パッケージを破ってゴムを取りだし、精液だまりを押さえて俺のペニスに被せてしゅるしゅると下まで下したのである。

(やっぱカマトトだ)

彼女はちゃんとコンドームの扱いを知っていた。

ちなみに処女ではなかった。

これも意外だった。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















カマトトのくせにコンドームをちゃんと付けられた女子