ずっと匂いを嗅いでみたかった女の脱ぎ立てパンティ

相手の性別年齢職業
女性20代後半不明
出会った場所利用サイト投稿日
宮崎 宮崎市pcmax2020.01.29

ラブホに連れ込んでパンティゲットする機会を伺った

一度通販で女の使用済みパンティを買ったことがある。二日間使用の写真付きで5,000円だった。ほのかなオリモノの香りがして、凄くエロティックだった。生の匂いを再現させるために電子レンジで15秒ほど温めると、着用時の体温が蘇る。ああ、これが脱ぎたての生パンティの香りなのか。

持っている生パンティはその一枚。持っているだけで興奮する一枚だが、同時にむなしさもあり、以来買っていない。その意味ではパンティフェチでも匂いフェチでもないのだが「脱ぎたて」への執着はあった。脱ぎたてのパンティの香りに触れてみたい。数秒前まで女の陰部に張り付いていたクロッチの匂いを嗅いでみたい。

出会い系サイトで女と知り合ったときも、その願望と妄想は消えなかった。

出会い系で女を探した理由はむろん女が欲しかったからなのだが、俺の関心はもっぱら脱ぎたて生パンティにあった。

女とラブホに入ったとき、その匂いを嗅ぐ機会を伺った。


彼女が洗面所に行ったすきに匂いを嗅ぐ……何、この悪臭

近頃の出会い系にいる女は話がわかり、初回のデートでも平気でラブホに付き合ってくれる。以前とくらべて女は性への敷居が低いのか、積極的にセックスを楽しむようになっていると感じる。

その女も割とノー天気だった。下着のままホテルの部屋を歩き回り、お湯が溜まったころ「じゃあお風呂入るわね……いっしょに入る?」などとお風呂エッチに誘ってくる。俺は彼女の美尻に張り付いた薄いブルーの生パンティしか目が行っていなかったので「いや、あとで入るからいいよ」と断って、パンティゲットの機会を伺った。そして彼女がバスルームに入るやいなや、こっそり脱衣所に忍び込んだ。

―ああ、憧れの脱ぎたて生パンティ―

数秒前まで牝の穴付近に張り付いていたクロッチがすぐそこに。

俺はパンティを手に取ると、うっすらとシミが広がる股の布地を鼻に押しつけてすーっと嗅いだ。

「うぐっ……ごへっ」

思わず咳が出た。

「ど、どうしたの」

エコーのかかった彼女の声。

「べ、別に……歯を磨きたくて……」

―すっげえ臭い―

俺が想像していた匂いとはほど遠かった。

女によってアソコの匂いは異なると言われるが、彼女ははずれだった。

その日のセックスはあまり盛り上がらなかった。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

ずっと匂いを嗅いでみたかった女の脱ぎ立てパンティ