「火遊びしましょう」と言ったらエッチさせてくれた主婦

相手の性別年齢職業
女性36歳主婦
出会った場所利用サイト投稿日
沖縄 那覇市yyc2017.05.01

不倫しませんかと言ったら引いた主婦

人妻がセックス目的で出会い系に来るのは疑いのないことであるが、セックスへの誘い方を誤ると失敗するので要注意。

俺は今まで出会い系でふたりの人妻に会い、一番目の人妻にふられて二番目の人妻とセフレになれた。失敗と成功の要因の何なのかよくわかっている。

一番目の人妻を誘うとき俺は「僕と不倫しませんか」と言ったのだ。

いかにセックス目的で出会い系に来る人妻であっても、心の中のどこかには罪悪感があるのは言うまでもない。

「こんなことしたら不倫だわ」

「私は不倫女なのね」

切ろうと思っても切り離せない不倫という重い漢字二文字をぶらさげて人妻は出会い系に来ているのだ。そしてぎりぎりのところで罪悪感をもみ消して快楽に浸っている。その人妻に「不倫しませんか」はないだろう。一番目の人妻は罪の意識と真っ向から対峙することになり、すぐに引いた。

ところが二番目の人妻には「火遊びしませんか」と言ったのだ。

これは効果があったようだ。

火遊びというと、どこか一過性の遊びのような語感があり、度を超さなければ見逃される19歳の飲酒みたいなもので、人妻としてはチャレンジしやすい。

その人妻はニコニコしながらホテルに付き合ってくれた。


火遊びだって何回もやれば立派な不倫

―火遊びならやってもいいわ・・・アバンチュールを楽しんじゃおう―

彼女はそう決めてこっそり家を出てきたのだろう。

かぐわしいフローラル系の香水と勝負下着で俺を挑発した。

「奥さん綺麗ですね・・・最高です」

「もっと言って! もっと言って!」

「奥さん綺麗」

男性から性的に褒められる機会を完全に喪っている人妻にとって、俺の褒め言葉は強烈に女の芯を揺るがしたのか、彼女の性的挑発すごかった。まるで怪しい劇場の踊り子のように体をくねくねさせながら下着を脱ぎ、その30代の妖艶な裸体をさらしたのだ。

乳は丸く乳首は上を向き、黒い蜜毛は薄青い照明にかげって見えた。

その夜の火遊びは4回の射精をともなう過激なものになった。

「奥さん、また火遊びしよう」

そういって何度も彼女を誘ってきたし、彼女も乗ってきた。

その関係はもはや火遊びではなく、立派な不倫だ。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















「火遊びしましょう」と言ったらエッチさせてくれた主婦