沖縄で「ホーミー」と言ってはならない?

相手の性別年齢職業
女性26歳家事手伝い
出会った場所利用サイト投稿日
沖縄 那覇市pcmax2017.03.31

沖縄の方言で女性器のことを何と呼ぶか

長期出張で那覇市に行くことになったが、現地に行ったら気軽に「ホーミー」という単語を口にしてはならないと同僚が言った。「ホーミー」は沖縄では女性器を意味するらしい。

沖縄の海岸の岩場にいるイソアワモチというナメクジのような生物の裏側が、女性器にそっくりなのだという。

さっそく那覇についたらホーミーを売っている店に足を運んで現物をたしかめたが、何ともグロテスクな生き物だった。ちなみに女性器に似ていると言えば似ている。俺の感覚ではかなり熟した女の性器のようだが、沖縄の女はみんなこのような性器をしているんだろうかとよからぬ偏見を持ってしまった。

だから出会い系の那覇エリアで彼女を見つけたときも、彼女のマンコはきっとホーミーそっくりに違いないと勝手に思ってしまった。


全然グロテスクでなかったネーネーの女性器

彼女は2歳年上だった。沖縄ではお姉さんのことを「ネーネー」と呼ぶので、俺も彼女のことをそう呼んだ。

彫りの深いエキゾティックな顔をしていて、ますますアソコがホーミーそっくりなのだろうと思えてくる。

「ネーネー、そろそろホテルでエッチしたいよ~」

交際を始めて一ヶ月。そろそろ許してくれてもいいだろう。

「そこまで言うなら仕方ないさあ・・・行くね? ホテル行くね?」

「行こう行こう」

ホテルに行った。

まず確認したいのは彼女のホーミー(女性器)だ。那覇に来て最初に見たあの生ホーミーとどこまで似ているんだろう。

ベッドインして乳を丹念に愛撫してから、ついに下半身へ。

がっかりというのか、安心したというのか、彼女の女性器は全くグロテスクでなく、むしろ東京の女のマンコより色も形も綺麗だった。それはあのホーミーとは似ても似つかないものだった。

少なくともネーネーの女性器はホーミーではなかった。

仕事が済んで東京に戻ることになり、ネーネーとは一ヶ月ほどで別れた。

俺の脳裏には沖縄の青い海と、あの実物のホーミーのグロテスクな姿と、ネーネーの綺麗な女性器がやきついている。

記憶の中でその三者が印象派の絵画のように溶け合い、美しく再現されるから不思議だ。

沖縄、また行きたい。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















沖縄で「ホーミー」と言ってはならない?