ワンナイトだと言われたからやりたいだけセックスしまくった

相手の性別年齢職業
女性20代前半くらい不明
出会った場所利用サイト投稿日
長崎 長崎市wakuwakumail2019.04.09

彼女のアパートで朝までやりまくった

セックス。

人間、とくに男にとってはしたくてたまらない行為。これを抜きに人生の快楽はありえないし、他のどの人生の領域が満たされたとしても、セックスへの欲望が満たされない限り、その人は不幸だ。どんな人もセックスしたいと願っている。欲している。

俺は昨晩、そのセックスをやりたいだけやった。もうしばらくは女の身体など見たくもない。まじで。

ワクワクメールで知り合った血色のいい女は、ワンナイトで遊ばないかと言った。明るくて楽しそうな女だったので長めの付き合いでもいいかと思ったのだが、パッと火がついて消える花火のようなワンナイトの交わりも悪くないと思い、その提案に乗った。

「私のアパートに来ない? 引っ越したばかりで散らかってるけど、新築で綺麗だよ」

夜21時頃、彼女のアパートに転がり込んですぐに抱き合った。

安っぽいワンピースは多少破れても問題ないような気がし、思いきり脱がした。

それから朝までやりまくった。


「もう来ないでね」もう十分だ

4回くらいセックスしたかな。1回目と2回目の間はほとんど時間が空かなかったけれど、3回目以降は休憩を長めに取った。間でビール飲んだり、汚れた部分を洗ったりしながら、むさぼるように求めあった。

部屋の照明が暗めで、疲労がたまるうちに彼女がぼんやりして見えてきて、セックスの回数を重ねるごとに、俺は奇妙な錯覚に陥った。1回目から4回目まで、ぜんぜん別の女を抱いているように思えてきたのだ。最初の方はしおらしい準処女な女だったが、だんだんと肉食系に変化してきて、3回目は脂っこい風俗嬢に見え、4回目はマグロのように身体を投げ出した高価なラブドールのように見えた。セックスし続けると、とにかく感覚が麻痺してくる。

2時間くらい寝ただろうか。朝8時頃目を覚ますと、彼女が尻を掻きながらこう言った。

「ワンナイトの約束だから、もう来ないでね」

「わかってるよ、もう十分だ」

9時頃アパートを出て、マックでバーガーを食べてひとまず自宅に戻る。少し寝て、バイトに行った。

ワンナイトで乱れまくった新築アパートの雑然とした部屋の光景をたまに思い出す。今頃はきちんと整頓され、家具も持ち込まれ、あの夜の面影は少しも残っていないだろう。

でも俺の記憶にはしっかり刻まれている。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















ワンナイトだと言われたからやりたいだけセックスしまくった