女のアソコに入れるだけじゃもったいないバイブ

相手の性別年齢職業
女性27歳ファッション雑貨店経営
出会った場所利用サイト投稿日
長崎 諫早市yyc2018.03.17

バイブと縁のなさそうな女にバイブを触らせる楽しみ

20代以上の女の約9割がオナニー経験者だという。そしてその半数がアダルトグッズを使ったオナニーを経験したことがあるという。今やネットで簡単にバイブを買えるので、バイブ人口が増えても不思議ではない。

だが逆に言えば、オナニー経験者のうち半数はバイブを使ったことがないことになる。俺はこの事実に強い性的刺激を受ける。俺の妄想の中では、バイブを知らない女にバイブを見せたり触らせたりするシーンがかけめぐる。

(やだ…恥ずかしい…早くしまって…それやだ)

みたいに照れくさがる。中には怒り出す女もいる。セクハラだと叫ぶ知的女性もいる。それに興奮する。良くも悪くも、バイブに直面した女の反応を想像すると抜ける。


持って帰ったほうがいいんなら持って帰る

これはバイブを使った新しい楽しみではないかと思う。バイブを女のアソコに入れて終わるだけではつまらない。バイブ初心者に見せて触らせて銜えさせる陵辱的な楽しみもあるのだ。

出会い系で知り合った彼女は20代後半だったが、慎ましい印象のある淑女だった。明るくて乗りもいいが、過激なこととは無縁な印象がある。サイト内でメール交換して面接したが、一応仮内定が出て交際するようになった。

飲みに行って会話が砕けたときにどさくさにまぎれて聞いたらいちおうセックス経験はある模様。一人エッチはどうなの、と聞いたらちょっとだけやったことがある、とぺろっと舌を出して照れくさそうに笑った。

居酒屋だったが、個室なので人目を気にしなくてもいい。

俺は鞄からバイブを取り出すと、胸をドキドキさせながら彼女の目の前に置いた。

「これ何だと思う?」

すると彼女は手を口にあてて目を丸くしたが、すぐに真顔になって小首をかしげた。

「へえ…何だろうこれ…何? 何だろう…わかんない」

しらばっくれる彼女。表情が少し引きつっている。

「触ってごらん」

指先を竿に当てる。

「何だろうこれ…」

「何かの形に似てるよね…何だと思う? エッチしたことあるならわかるよね」

「何だろう…わかんないかも…」

最後までしらばっくれた。

「これ欲しい? 欲しかったら持って帰ってもいいよ…」

「ええ? なんでえ?」

「持って帰る?」

すると彼女は緊張した眼差しで改めてバイブを見ると、目をしばたたかせて「持って帰ったほうがいいんなら持って帰る」と小声で言った。

結局彼女は持って帰った。

彼女がバイブを使って家で何をしたか聞いていないが、その後彼女と深い関係になったとき別のバイブを挿入したら「ああん…それだめ」みたいなことを発したので、あの夜オナニーしたのではないかと確信しているし、その後も使ったはずだ。

これこそバイブの新しい楽しみかた。

名付けて「心理的バイブ責め」


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















女のアソコに入れるだけじゃもったいないバイブ