オナニストは結局セックスよちオナニーが好きなのだ

相手の性別年齢職業
女性20代後半OL(イベント会社)
出会った場所利用サイト投稿日
福岡 福岡市pcmax2018.05.09

エッチOKと言われたのにテレフォンセックスをリクエスト

俺はオナニーが好きだ。

男なら誰でも好きだろうけど、俺の場合は別格だ。オナニーとは別名を「自慰」とも言い、本来セックスする相手がいない男が、たまった精子を排出するという性処理のひとつにすぎない。やりたくてやるのでなく、しかたなくやるという、どちらかというとマイナーな行為だ。男のオナニーのほとんどはこのレベルだ。

だが俺はしかたなくオナニーをしたことがない。やりたくてやっているし、オナニーを心底楽しんでいる。俺はオナニーを自分の世界でメジャー化した、いわゆるオナニストだ。

そうは言っても、オナニーに使うオカズや妄想はセックスに関することで、その本質がセックスに結びついているのは事実。たまにはセックスでもしてみようかと、出会い系サイトに登録した。いい相手がいたらセックスしようと考えた。

相手はすぐに見つかった。

いかにもエッチそうな女で、体目的の女に違いなかった。

「エッチ? いいよ、即エッチOKだよ…明日会う? それとも明後日?」

ところが俺は奇妙なことを口にしてしまった。本音が出た。

「テレフォンセックスしたい」

「ええ? 会わないってこと?」

「とりあえずテレフォンセックスして相性を確かめたいから」

彼女は渋々応じてくれて、その日は出先だったから、翌日改めて電話してテレフォンセックスをした。


パンティの匂いを嗅ぎながらオナニーしていたらドン引きされた

せっかくセックスさせてくれる女に出会っておきながら、俺がやったのは結局オナニーだった。彼女のアヘ声を聞き、裸を想像しながらのオナニー。いつものようにティッシュの中に吐精。

でもさすがと会わない訳にはいかないので、会うことにした。オナニストでもセックスはできる。俺は俺なりに本物のセックスを楽しみにしていた。

だが俺はまた似たようなことをやってしまう。

彼女はむっちりしてエロい女だった。スカートごしにパンティラインが見えて、そそられる。あのパンティの匂いを嗅ぎながらオナニーしてみたいと思ったのだ。

―いかん、いかん…俺はセックスしにきたのだ…オナニーじゃないぞ―

だけどその性癖を抑えることはできず、彼女がシャワーを浴びているときに脱衣所に忍び込み、パンティの匂いを嗅ぎながらシコシコとオナニーを始めてしまった。俺は自分を抑えきれなかった。自分の性欲は自分で満たしたい。今までずっとそうやってきた。

「な…なにっ! なにやってんの? 変態!」

いきなり脱衣所に出てきた彼女がびっくり仰天。ドン引きされた。

「ごめんけど、そんなことする人とエッチしたくないわ…この前のテレフォンセックスといい、今日のざまといい。いったいあんたはなに?」

「オナニスト」

「帰るわ…」

オナニストは結局セックスよりオナニーが好きなのだ。

今度出会い系で相手を探すとしたら、アダルト掲示板でオナニー好きな女を探し、オナニー見せっこみたいなプレイを楽しむことにする。

オナニストにはオナニストなりの出会い系の楽しみ方があるということだ。

PCMAXならそれが可能だ。きっと。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















オナニストは結局セックスよちオナニーが好きなのだ