純情可憐な女子高生のスカートをめくったら・・・

相手の性別年齢職業
女性18歳女子高生
出会った場所利用サイト投稿日
佐賀 佐賀市wakuwakumail2017.03.31

冬でもミニスカ生足なのは知っていたが

きーんと冷えた真冬でも、女子高生は生足をさらしてミニスカの制服で登校するのは君も知っての通りだ。

―寒くねえのかな―

前から不思議だった。

そんな折、出会い系で18歳の女子高生と知り合ったから真冬にミニスカ生足で行動する理由に聞いてみたら、それがJKのステータスだと答えた。チアガールが冬でもミニスカ穿くのと同じだと言った。

その日も寒目の日だったが、彼女はしっかりとミニスカ生足で来てくれた。おまけに少し時代遅れのルーズソックスを穿いている。

俺は悪戯心でスカートをめくってみたくなり、スカートの裾をつかんで引っ張り上げた。

「きゃっ!」

すると、何とノーパンだったのである。生足だけでなく、生尻生まんこをさらしていたのだ。冬の淡い陽光が、女子高生の短めの陰毛を照らした。

「ノーパンなのか」

「えへへ」

彼女はスカートを元に戻すと、舌を出した。


脱いだり穿いたりすんの面倒じゃん

「だってさあ、脱いだり穿いたりすんの面倒じゃん」

「面倒といっても」

「生足もノーパンも同じだもん。誰かさんみたいにスカートめくりしない限り中身は見えないし」

大人のそれと遜色ない女子高生の陰毛を見た俺は完璧に欲情し、水性マジックで「あした美加とカラオケ」と落書きしてある手をつかむと、車の中に連れ込んだ。

「どこ行くの」

「せっかくノーパンで来てくれたんだから、そのメリットを活かせるところに行こう」

「ラブホ?」

「うん」

「じゃあ割り切りで・・・2枚でいい」

簡単に会ってくれたから何かあるなと思っていたら割り切りだった。やはり30歳近い男が女子高生とデートするには先立つものが必要なのだろう。俺は途中で銀行のATMに立ち寄った。

セックスプレイはもちろん制服を着せたまま。

スカートをめくればそこはもう花園。脱いだり穿いたりするのが面倒と言った彼女の真意が伝わってきた。

外は寒いがホテルの部屋は温かく、彼女のまんこも熱く潤っていた。締まりもよく、大人の女とセックスしているような気分だった。

ミニスカ生足の女子高生は、もしかしたらみんなノーパンかもしれない。

ノーパンで制服プレイをしやすくしておくのも女子高生のステータスか。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















純情可憐な女子高生のスカートをめくったら・・・